ウイルス対策ソフト「カスペルスキー」

 2015/06/19(金) 11:30  

まだ Apple が iPhone を発表する以前、Mac は Windows と比較すると、ウイルスとは無縁、とまではいかないものの、「安全だ!」という都市伝説がありました。しかし、それは単にパソコン全体のシェアが圧倒的に Windows で占められていたので、ウイルスを作って悪さをしようという輩には Mac を攻撃することに魅力を感じなかった、ただそれだけの事だったのでしょう。

しかし、iPhone 発表以後の Apple の快進撃は今更ここで言うまでもないことですが、スマホやタブレットにおされてパソコンの売れ行きが落ちている中、MacBook 等は価格帯が高いにも関わらず、売り上げを伸ばしているというニュースを目にしたことがあります。

パソコン・シェアとウイルス攻撃とは連動するでしょうから、今や Mac も当然ウイルス対策ソフトが必要なわけです。

私はといえば、ここ数年ずっと intego 製品を愛用しておりました。
かつてのバージョンは、設定が割と難しい印象だったのですが、最近はとてもシンプルな設定でパソコンを保護できるようになっていますので、なかなか良い製品だと思います。

その昔、ウチの親がパソコンをやるというので手伝ったことがあるのですが、やはり Windows 機を買ってしまっていたので、その当時色々と調べて導入したウイルス対策ソフトが「Kaspersky(カスペルスキー)」というものでした。
数年後、Windows 機で親が四苦八苦しているのを見かねて、Mac を勧めたところ、iMac を購入しました。しばらく経って「これが壊れたらやっぱり Windows に戻すの?」と聞いみると「絶対ありえない」と言っていたのが印象的でした(笑)。

その手伝った経験で、「カスペルスキー」自体には好印象の記憶があったのです。

それで、先月のことですが、今まで愛用していた intego 製品がもうすぐ有効期限切れを迎えることとなりました。すると、たまたま閲覧していたウェブページに、カスペルスキーのキャンペーン情報があるではないですか!

元々カスペルスキーは Windows 用という認識だったのですが、時を経た今、Mac にも対応しているとのこと。

無料お試し版があったので、割と最近更新したばかりの MacBook Pro にインストールして使用してみました。使用感や性能は悪くないので、ついに決めてしまいました、乗り換えを!

intego の更新料は通常料金、カスペルスキーはキャンペーン価格、しかも更新のタイミング。これは運命というものではないでしょうか(笑)。

カスペルスキーには「マルチプラットフォーム セキュリティ」というものがあり、Windows、Mac、Androidに対応しています。私は、Windows におけるウェブ・ブラウザ上で、自分が制作したウェブサイトの表示を確認するために、Mac に VMware Fusion をインストールして Windows OS も起動できるようにしていますので、このマルチプラットフォームはバッチリなのです。

カスペルスキーに乗り換えて約1ヶ月が経過したかと思うのですが、このソフトの検出能力はなかなか素晴らしいなぁ、と感じております。通称「トロイの木馬」と呼ばれるウイルスをメールに添付して送ってくる輩がまだいるようですが、数回このソフトが検知し、無事駆除ができております。

ウイルス対策ソフトなんて無くても済む世界にしたいものですが、やはり現実に向き合わなくてはなりません。これを読まれた方でウイルス対策ソフトを導入していない、という方は、今すぐ検討、購入した方がいいですよ!
保険と同じ、転ばぬ先の杖ってヤツです(笑)。

最終修正日 2015/06/19(金) 11:56
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン