音楽制作実例: snatch!(スナッチ)

 2012/12/10(月) 00:00  

4CREATOR JAPAN では、Joomla! をベースとしたウェブサイト制作を主に手がけておりますが、CMS を使わない通常のウェブサイト制作も承っております。あまり知られていませんが、ウェブサイトに必要なイメージ画像はもちろん、動画や音楽の制作も行なっています。

2012年12月5日にリリースされた、iPhone アプリ「snatch!」。
amazon、楽天、Yahoo! ショッピングに掲載の全商品をバーコード検索で、サッと価格比較!」という素晴らしいアプリなのですが、この度、本アプリを認知していただくべく作成された、CM動画の BGM を担当させて頂きました。

頻繁なコミュニケーションが成功のカギ

今回のクライアント様は、とてもコミュニケーションを大切にされている方で、最初の打診時に「こういう風にしたい!」というメッセージを明確に伝えて下さった事はもちろん、完成する最後まで、口頭(電話)やメールを通じて明確な意思・想いを伝えて頂きました。

音楽というものはカタチがないので、抽象的なイメージを言葉で伝える、というのはプロの音楽制作者同士でも大変です。例えば、音色のイメージを伝える際、「もうちょっと柔らかい感じで・・」等と言ったりしますが、この表現で伝えてもなかなかイメージの一致を図るのは難しいのです。

こういったケースではサンプルが役に立ちます。
今回のクライアント様は、例えばこんなテイストで、と、見つけた海外の動画例を知らせて頂き、且つ、その例のどの辺りがイメージに近いか、どういうところが気に入っているかを伝えて下さいました。

このように明確な方向性をサンプルで示して頂けると、その方向性を実現するには「どのように表現すれば良いか」という事に集中出来るので、とても作業が早くなるのです。

お話を頂いた翌日、早速デモを作成し、MP3ファイルでメール送信。これによって方向性・イメージに食い違いがないかチェック出来るワケですが、幸いにもバッチリだったのです。


動画に合わせる音楽

通常の音楽制作とは違い、動画用 BGM制作では、制約があります。
それは「動画に合わせる」必要がある、という事です。

音楽が単独で良ければ OK ではなく、動画上の展開と音楽の展開の流れがスムーズに一致していないと、動画の視聴者は動画に集中出来なくなり、せっかくのメッセージが伝わらなくなります。

また、テンポ感も大切です。
普段皆さんが聴いている音楽は、例えば4分の4拍子の曲の場合、4小節の倍数単位で曲が流れていきます。特別な仕掛けをしない限り、7小節目で展開させたりすると生理的な気持ち悪さが生まれます。

動画が展開する場所で、違和感なく音楽を展開させるためにはテンポの計算が必要となってくるので、動画を制作する側と、その辺りの意識共有が必要となります。

今回は、動画を制作開始前にデモをお渡しすることが出来たので、動画制作者がそのデモに合う事を意識して頂いたようで、後の調整も比較的楽になりました。

ここでも、クライアント様のコミュニケーションの良さが功を奏したのです。


音色選びはとても重要

音楽の基本的な要素は「リズム」「メロディー」「ハーモーニー」なのですが、これに加えて「音色」や「表現方法」も重要な要素となります。

フレーズ的には全く同じでも、音色を変更しただけで印象が全く異なる事は珍しくありません。出来上がったものが「何か違うな」と感じたら、フレーズを変える前に音色チェックをした方が良いケースがあることを、今回のケースであらためて学びました。


そして CM動画の完成...

今回音楽を担当させていただいた、CM動画はこちらです!


Snatch! とは?

では最後に「snatch!」をご紹介しましょう!
(以下、株式会社ジェイティップスのプレスリリースを転載)
snatch!(スナッチ)は、消費者のお買い物(ネットショッピング)を強力に支援する「SNS機能付き 価格比較」サービスです。楽天、Yahoo! ショッピングに掲載されている全商品を一括横断して価格比較したり、気になる商品のレビューを一気にチェックしたり、備忘録として「いいね!」したり、友達が「持ってる」商品について相談したり、自分の「欲しい」ものリストを整理できます。

 

従来型の「価格比較」サービスにFacebook連携等のSNS機能を組み合わせることによって、ネットショッピングに、大きな便益と新しい体験をもたらします。またお互いの「持ってる」モノや、「欲しい」モノの情報を共有することで、Facebookの友達との新しい関係づくりにつながることも期待できます。

snatch!(スナッチ)は、これからお買い物(ネットショッピング)をするときの必携ツールになります。

バーコード読み取りでサクッと検索
アプリを起動し、商品パッケージのバーコードにiPhoneカメラをかざすだけ。

SNS機能搭載(Facebook連携)でより便利で楽しく
「いいね」「欲しい」「持ってる」の3つのアクティビティで商品の注目度をチェック。マイページでFacebookの友達と情報共有することも出来ます。

最終修正日 2015/08/05(水) 11:33
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン