売上アップを続けるウェブサイト

 2014/04/21(月) 00:00  

先週(2014年4月17日)、4CREATOR JAPAN で制作させて頂いたウェブサイト「鈴木サキソフォンスクール」を公開しました。前回のリニューアルから約2年というスパンで再リニューアルとなったわけですが、今回のリニューアルの背景を知って頂く事は、今後ウェブサイトを立ち上げたり、既存のサイトをリニューアルする際にとても参考となると思います。いえ、それだけでなく、今すぐにでも役立つ話も含まれます。

急速に変化を遂げている閲覧状況

このブログでも度々とり上げていますが、ウェブサイトを閲覧する状況は急速に変化しています。
電車に乗れば誰もが気付く事ですが、ヘッドフォンで音楽を聴く人は減り、代わりにスマホ画面をずっと見ている人達がとても多くなったことに気が付きます。移動時間の過ごし方は、ここ数年で大きく様変わりをしました。

スマホひとつあれば、いつでもネットに接続できる時代ですので、移動中にウェブサイトを閲覧する、という事はもはや誰もが普通に行なっています。しかし、PC画面を想定して作られたウェブサイトは、スマホの小さな画面で閲覧するのは可能ではありますが不向きです。

ピンチアウト(ストレッチ)と呼ばれる操作をすることで画面内を拡大表示出来ますから問題がない、などと考えてしまうかもしれませんが、電車内では座っている人よりも立っている人の方が断然多いのです。立っている時は、通常片手はつり革です。片手ではピンチアウトの操作は難しいのです。たとえ両手が使えても、いちいち拡大/縮小するのは面倒ですからユーザビリティー上好ましくありません。

今回再リニューアルした最大理由は、まさにここにありました。
現在の Joomla! 最新版は、標準でモバイル対応(レスポンシブ・ウェブデザイン)となっていますが、それ以前は特別な対応をしない限り、スマホには対応していなかったのです。

リニューアルしただけでは何も変わらない!

どのクライアント様にも機会がある度にお伝えしている事ですが、ウェブサイトをリニューアルしたからといって、ビジネス的な成功が約束されるわけではありません。ウェブサイトはあくまでビジネス上のひとつのツール、又は、オンライン上の店舗と捉えるべきであり、お店(ウェブサイト)を作っただけで儲かるわけではないのは、街中の店舗と同じです。

お店をつくれば、お店の存在を知ってもらうよう告知する必要がありますし、来て頂いたお客様に最大限の満足を持ち帰って頂かなくてはビジネスは続きません

長く続くお店は、窓を毎日拭いて清潔さを保ったり、店員のクオリティーを下げない、といった日常的な努力はもちろん、常にお客様の心をつなぎ止める新サービスを心がけています。今日は他の仕事が忙しいから窓拭きはいいや、と結果的にサボってしまう状態で売上アップは望めるでしょうか。

同様に、ウェブサイトも日常的な運用に加えて、鮮度を保たなければ、閲覧者は離れていってしまいます。鮮度を保つとは、そこに「新しい情報」があったり、ちょっとした驚きやお得感がある、ということです。いつアクセスしても変化のないウェブサイトには閲覧者は集まりませんし、サービス・クオリティーの一貫性の無さが伝われば、これも売上にはマイナス要因でしょう。

私自身も日々反省する毎日ですが、ブログなどは定期的に情報発信すればこそ上がる効果というものがあります。気分次第で更新しているようではいけないのです。

また新しい情報を用意していても、その情報を必要とする人に「きっかけ」を与えなければ、情報に気が付いてもらえません。そのきっかけを与えるのに有効なツールは、今の時代、やはり SNS が有効です。

SNS の活用

SNS の活用

このところお世話になっているクライアント様には、皆さんに右図に示す内容をお伝えしておりますが、これを正しく理解し、すべきことを実行されたクライアント様は、今のところ残念ながら鈴木サキソフォンスクール・鈴木氏だけです。

鈴木氏がこの図を見た当時は、Facebook にも Twitter にも自社専用アカウントは持っていませんでした。つまり、SNS の活用方法の初歩からスタートしたのです。

またブログも、リニューアル前のサイト内にはツールが備わっていなかったので、外部のブログ・ツールを使っている状態でしたが、それでは SEO 的効果が半減してしまう、という事もご理解頂き、自社サイト内でブログを書くようになったのです。

今では、逆にこちらが教えを請いたいくらいの、SNS 活用の達人です!

ウェブサイトに、見事に「見込客」を流入させ、「問い合わせをしてもらう」というウェブサイトの目的を達成されています。自社サービスの魅力を伝える前に、閲覧者に有益な情報を無料で数多く提供する手法は見事の一言です。

鈴木氏はこのように指摘しておられます:
ウェブサイトは、自社のブランディングに大いに貢献してくれています。いくら SNS を使って関心を持ってもらっても、最後のウェブサイトがショボかったら終わりですものね!」

またこの様な事も仰っておられます:
「せっかくお金をかけてウェブサイトを作ってもらったんです。それを最大限活かさないと。出来ることは何でもやろうと思いましてね・・。」

いやいや頭の下がる想いです。

ツールを最大限活用する

今回再びリニューアルさせて頂くことになり、まず驚いたのは、Joomla! の強みである、「コンテンツを自分で追加出来る」という部分を最大限活用されていたことです。具体的にはブログ記事、そしてお知らせ記事や、サイトを通じたお客様とのコンテンツ共有等々、です。ほぼ毎日、何かしら新しいコンテンツが加わっていたのでは?と思わせるボリュームとなっていました。

こうした並ならぬご努力が出来るのは、やはり頭の中で、お客様になっていただく見込客に
・どのように情報を届け
・どのように信頼を構築し
・最終的なアクション(問い合わせ)を起こしてもらうのか
そのためにはどうすれば良いか、をしっかりとイメージ出来ているからだと思います。
そして何よりも自社サービスの要である「音楽」を愛し、その音楽を通じた社会への貢献を情熱を持ってされているからでしょう!

この約2年間で、サイトをリニューアルし、SNS を最大活用し、具体的なビジネス成果を得た鈴木氏にとって、モバイル端末対応のためのリニューアルというのは、大きな決断ではあるでしょうが、必然だと言えます。サイト運営に関する現在のご努力がキープ出来れば、上がる事はあっても落ちることはまずないでしょう。

肌で感じる程の「売上アップ」を毎年達成していくことは、ウェブサイトだけの力ではなかなか成し得ません。ウェブサイトが最大限活きるように尽力された、ウェブサイト・オーナー鈴木氏の努力の賜物です。氏に敬意を表します!

一生懸命作らせて頂いたウェブサイトを上手く活用されたご報告を頂く程、制作者として喜ばしいことはありません。感謝申し上げます。

 

名古屋のサックス専門教室「鈴木サキソフォンスクール」サイトをぜひご覧ください。音楽、とりわけジャズに関する面白い情報が豊富なので、サックス演奏に興味のない方もお楽しみ頂けることでしょう!

最終修正日 2017/08/18(金) 16:29
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン