CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)
お知らせ 2018.12.12 年末年始休業のお知らせ

オフィシャル・ブログ

4CREATOR JAPAN の公式ブログです。 Joomla! やウェブサイト、ネット関連の話題をお届けします。

本年は、本当に何かと忙しく、なかなかブログを更新できずにおります。

そんな最中、新規クライアント様からお問い合わせを頂きました。Joomla! でウェブサイトを構築したものの、担当者が辞めてしまい、システム更新や記事更新が滞ってしまい困っているとのこと。

時折、こうした既存の Joomla! サイトのシステム更新についてご相談を頂くことがあるのですが、実はなかなかお引き受けするのが難しいのが現状です。その最大理由は、「リスキー」その一言に尽きます。なぜリスキーかと申し上げますと、以下のような事が考えられるからです。

Joomla! のエクステンションの中には定番的なものがいくつかあります。
その中のひとつに「K2」があります。K2 は、その全貌を理解するまでは「Joomla! の記事作成と何が違うの?」とか「わざわざインストールする必要があるの?」とか思ってしまうかもしれませんが、K2 無しでは出来ないシステム構築の方法があり、4CREATOR JAPAN でもいくつかのプロジェクトで採用してきました。

Joomla! の記事作成に、カスタム・フィールド作成機能が付いたときには、いよいよ K2 の役目も終わりか、と一瞬思った時期もありましたが、やはり K2 独自のアクセス権限制御が重宝する場面が多々あり、未だ定番として存在し続けています。その K2 が1週間ほど前に新バージョンをリリースしたということで、早速チェックしてみました。

以下は、K2 が発表しているリリース情報の一部を Google で自動翻訳したものです。

先日、全く思い当たる理由もなく、突然ブラックアウトした MacBook Pro は Apple に修理を依頼したところ、輸送にかかる時間も含め、僅か3日で復活し事なきを得ました。
当初、Apple の Genius Bar で診てもらった際には、ロジックボードの交換かも、という見立てでしたが、修理報告書ではトップケース(キーボード、バッテリー一体型)の交換となっていました。以前、Apple では「バッテリー交換プログラム」というのを行なっており、私のモデルは対象外だったのですが、ブラックアウトした原因は...

すっかり、この 4CREATOR JAPAN ブログをサボってしまっており、悪い見本状態が続いております(汗)。
クライアントの皆様には、忙しいことを理由にブログを怠らないようアドバイスを申し上げている立場上、肩身がせまい想いこの上なしでございます。実際、このブログに時間を割くことがなかなか難しいほど、やる事が目白押しで、つい後回しにしてしまい、気がつけば今年も桜の時期が過ぎてしまいました(反省)。

さて本題ですが、以前このブログで以下の記事を掲載しました:
時代は「常時SSL化」と「HTTP/2」

このブログ記事をご覧いただいて、すぐに行動に移していただいた方には今回のブログ記事はほとんど関係がないのですが、もし...

早いもので iPhone が世に登場してから早10年が経過しました。そして世の中はすっかりスマホがあることが当たり前となり、様々なサービスが登場しています。

今後も、連日テレビで耳にする「AI(人口知能)」はもちろん、「AR(拡張現実)」だの「VR(バーチャルリアリティー)」だの、様々な技術がいつの間にか当たり前となり、そしてまた新しいモノが登場するのでしょう。

そんな最中、ウェブサイトという枠で眺めてみても、実は色々な変化が起こっています。貴社のウェブサイトが...

もうかれこれ Joomla! と出合ってから10年以上の付き合いとなり、Joomla! を使わない日はないというくらい毎日接していますが、未だに新しいチャレンジや学びがあります。Joomla! だけでなく、サーバーなど Joomla! を取り巻く環境も刻々と進化していくので、当然といえば当然です。

昨日はまた「新たな試み」を行い見事成功したので、それについて書きたいと思います。

このところ、独自に展開をしているウェブサービスに注力しているのですが、このサービスは正にウェブアプリケーションの塊で...

Webブラウザ「Google Chrome 56」の登場を起点に、ウェブの常識は間違いなく変わっていこうとしています。

今現在でさえ、問い合わせフォームに SSL を搭載していない事例を見かけることは珍しくなく、ビジネスレベルでもセキュリティーに対する意識が低いところが散見されますが、もはやこのような状態をウェブ界の王様 Google は見過ごさない姿勢に変わったのです。

問い合わせフォームでさえ、SSL を搭載していない方にとっては、「SSLって何?」という状態なのかもしれません。

しかし SSL を搭載していなければ...

Joomla! にしても WordPress にしても、PHP 言語によって構築されている CMS やそれに準ずるシステムは、基本的にウェブ上で動くウェブアプリケーションである、という根本を忘れがちです。

ウェブアプリケーションである、ということは、当サイトでも度々述べている通り、アプリケーションのバージョンアップは避けれは通れず、追随していく必要性がある、という事ですが、それ以外に見落としがちな重要な点があります。

それはサーバーの環境によってシステムの能力が十分に発揮できない事がある、という点です。

PHP言語で書かれたウェブアプリケーションは、サーバー内でその PHP ファイルを読み取り、解釈し、実行していく機能と、各種データを収めるデータベースが必要です。それらのサーバー環境を構成する一つ一つの要素もまた、プログラムされたものであり、Joomla! 同様、バージョンがあります。

今なお使われている PHP 5 は過去のバージョンだ、という事実をご存知でしょうか。
現時点で PHP 5.6 については、セキュリティーアップデートを受けられますが...

Joomla! 3.8 が正式リリースされました。
今回の更新内容を見てみると、一般ユーザにはあまりピンと来ないものが多いようです。

実際、開発者やウェブサイト制作者にとっては無視できない内容が含まれているのですが、一般ユーザにとってはおそらく変化はあまり感じられないことでしょう。と言いますのも、目に見える部分の改良ではなく、内部の構造的変更が行われている内容だからです。

昨日、4CREATOR JAPAN プロデュースの新ウェブサイト「STAGLEE」がプレオープンとなりました。
STAGLEE は、ご依頼を受けて制作した外部サイトではなく、4CREATOR JAPAN 独自のウェブサービスとして市場に投入するものとなります。

STAGLEE を一言で表すならば、「イベント・ポータルサイト」となります。
ポータルサイトの「ポータル」とは「入り口」を意味する言葉ですが、STAGLEEは、音楽や演劇、お笑い、ダンスといったステージで繰り広げられる各種イベントを観に行く人たちにとって、まさに「入り口」となるサイトとして誕生しました。

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン