CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

Fetch から Yummy FTP Pro へ

 2018年12月21日(金)  
Fetch から Yummy FTP Pro へ (画像引用)https://www.yummysoftware.com

ウェブサイトの制作/運営を行なっている方なら日常的に使うであろうソフトウエアのひとつに FTP があります。

FTP ソフトウエアの主な役割は、サーバーに接続してファイルのアップロード/ダウンロードを行うことだと思いますが、4CREATOR JAPAN ではこれまで Mac の定番ソフトウエアのひとつ「Fetch」を使っておりました。

どのソフトウエアでも共通かと思いますが、一旦使い始めてそれが自分の道具として定着すると、なかなか他のソフトウエアに興味が向きません。実は、周りでは進化をして随分利便性が上がっているのに、それに気がつかないことが起こり得るのです。

Fetch は、まさにそれでした。
使い慣れており、特に問題も感じていなかったので、今まで FTPソフトウエアを他に変える、という発想すらありませんでした。なにせ基本は、ファイルのアップ/ダウンが行う事なので、事足りていたわけです。

ところが先日、何の前触れもなしに Fetch から妙なエラーメッセージが出るようになりました。
メッセージ内容を見ても「何が?」という感じでピンとこないものでした。

それがきっかけとなり、ふと昨今の FTPソフトウエアの状況を調べてみる事にしました。
浦島太郎状態で、いやいや色々と新鋭が出ているではないですか!

手始めに、フリーソフトウエアで評判も宜しい「FileZilla」を試してみました。
インストール後、色々と操作をはじめてみたのですが、どうも直感的にできません。サーバーへの接続もすんなりといかず、面倒になってきました。初期設定等のインターフィエイスもどうもしっくりこないなー、と思っていたら、「やはり!」でした。「FileZilla は Windows の思想で作られている!」そう感じました。
Mac 版もあるのですが、どうも肌が合わない、そんな感じだったので、速攻でアンインストールしました。

そしてたどり着いたのが、ネット記事でも評判が良かった「Yummy FTP Pro」。
試用版があったので、早速インストールしてみると、マニュアルの必要性を感じさせない Mac のいつもの感じで、すぐに実務上問題のないところまで持っていくことができました。最初に Fetch に登録してあるサーバー情報をインポートできる感じも良かったですね(但し、セキュリティー保護のマスターパスワードを、1サイト毎に打ち込む必要があったのには参りましたが・笑)。

仕事柄、Joomla! サイトを丸ごとバックアップとしてダウンロードすることがありますが、今まではサーバー上で一旦圧縮してからダウンロードしないと待ち時間がとんでもなく長くなってしまいますし、Fetch 経由のダウンロードは、ある特定の条件下ではイライラすることがあるため、利用を避ける傾向にありました。

ところが、Yummy FTP Pro を使って、あえて圧縮せずにダウンロードのテストを行ってみたところ、その転送スピードに感動してしまいました。道具(ソフトウエア)を変えるだけで、これほどまでにスピードが変わるとは!

また試用2日目ですが、「Yummy FTP Pro」採用決定です!
変化を恐れず、時には「より良いものはないか」という視点でチェックしてみることは大切ですね・・。

本年は多忙を理由にあまりブログ記事を書けませんでしたが、2019年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

最終修正日 2018年12月21日(金)
© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン