CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

ブログの有効な活用方法

 2011年03月01日(火)  

ブログ

ウェブサイトの性格にもよりますが、クライアント様にはウェブサイトにブログ機能をつける事をお勧めしています。

ブログというと「日記を公開するやつでしょ?」なんていうイメージのまま敬遠されている方や、ニュースで「ブログ炎上」なんて鮮烈な記事が踊ったりするものですから、なんとなく避けた方が無難、と考えていらっしゃる方がおられました。

そういうイメージや考えは全く否定するものではありませんが、活用方法によっては情報発信ツールとして大変有効なものですので、やはり活用された方が良いでしょう。


ブログを使うことのメリットとは?

では、ブログをウェブサイトの一部として組込むメリットについて考えてみましょう。
  • タイムリーな情報発信・・・公式発表する程の内容でない小さなエピソードも、ブログというフォーマットならば情報発信しやすく、価値のあるものになり得ます。ニッチな情報を求めている閲覧者(顧客)は意外に多いのです。例えばブログによって、公式な新製品発表前に製品への期待度を上げる効果をもたらす可能性は大いに考えられます。
     
  • 顧客とのコミュニケーション・・・ブログの仕様によりますが、コメント投稿機能があれば、ブログに対する反応を得ることが出来ます。場合によっては貴重な意見をもらえることもあります。またコメント機能がなくとも、アクセス数を見れば、関心度を測る指数として役立ちます。
     
  • 信頼度、好感度を上げ、顧客との距離を縮める・・・閲覧者(顧客)にとって有益な情報を提供する事は、信頼度や好感度を上げ、顧客との距離を縮める効果があります。
     
  • アクセス頻度の向上・・・ブログの内容が面白い、有益な情報を発信している、と閲覧者が感じれば、度々ブログにアクセスしてもらえます。リンクを使って上手くナビゲート出来れば、見てもらいたいウェブサイト本編のページを見てもらう事も出来るでしょう。ブログのファンが増えれば、すでに距離感が縮まっていますから、キャンペーン情報などを発信した場合などは、その効果が倍増することも期待出来ます(口コミ媒体となってもらえる可能性もあります)。
     
  • SEO対策に効果・・・ブログの記事内に、検索され易い「キーワード」を使うことを意識し、読んで頂ける人に自然なカタチでそれが使えるようになると、検索サイトにも上位に表示される可能性が高まります。また、ブログを使うと更新頻度が高まりますから、そういう意味でも SEO対策となります(検索クローラーは更新頻度の高いサイトは重要と判定する傾向があるそうです)。

ブログの効果を自ら下げない

メリットが沢山あるブログですが、使い方を間違えると効果が半減するばかりか、マイナスに働く事もありますので注意が必要です。
  • ターゲットを明確に・・・ブログを使う目的を明確にして使う必要があります。「どのような閲覧者を想定しているのか?」が曖昧になっていると、情報発信している内容や言葉使いを間違えることになります。
     
  • 私事は要らない・・・上記に重複する事ですが、「私事」は企業サイトにおいては通常必要ありません(よほど内容が良くない限り企業イメージを下げるでしょう)。企業サイトでブログを使用する場合は、ブログ担当者に任せっきりにせず、ブログ担当者以外の第三者が内容をチェックしてから公開する、という手順を踏むことをお勧めします。
    また公開する前に「この記事は閲覧者にとって有益だろうか?」と問いかけてみると良いでしょう。
     
  • 中傷や批判的記事は書かない・・・文章は読み手の読解力でイメージが決定付けられます。口頭で話す場合は、相手の反応を見ながら、説明を加えたり、相手の理解度を確かめられますが、ブログではそうはいきません。文章が一人歩きすることもある事は肝に命じておく必要があるでしょう。
     
  • 更新頻度を守る・・・ブログの目的が、閲覧者の獲得や SEO対策にあるとすれば、ブログの更新頻度はある程度維持しておく必要があります。アクセスする度に新しい記事があれば、閲覧者の期待に応えることになりますし、検索クローラーも頻繁に訪れる事になるはずです。
    あまりに更新されていないブログがあるウェブサイトは「この会社は潰れてしまったかも?」と閲覧者にマイナスのイメージを与える場合があります。もし何かの事情でブログを続けられない場合は、ブログ自体をなくした方が良いでしょう。

ブログを使うには?

ブログ

まず当サイトでお勧めしている Joomla! を使ったウェブサイトの場合ですが、Joomla! 自体がブログのような気軽さで記事が書ける仕様になっており、設定さえ正しく行なっておけば、すぐにブログとして使うことが出来ます(現在ご覧いただいているブログは、Joomla! の基本機能にプラグインやモジュールを追加して構成しているものです)。

また、Joomla! にインストールするだけで使える多機能なブログ・ツール(コンポーネント)が多数リリースされていますので、それを使うという方法もあります。

通常の HTML & CSS 仕様の静的なウェブサイトの場合であっても、オープン・ソースのブログ・ツールを使うことが可能です(但し、サーバーの仕様によってはご利用いただけない場合があるかもしれません)。

有名なところでは、WordPress (ワードプレス) とか、b2evolution なんていうものがあります。
これらツールを利用するメリットは、自前のURLを活かしたままブログ機能が組込めることで、前述した SEO対策に貢献してくれる事です。また、カスタマイズが求められますが、ウェブサイトの全体のデザイン・イメージを保てる事もメリットと言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか?ブログ・ツール組込みのご相談もお気軽にご相談ください。

最終修正日 2015年05月31日(日)
© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン