CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

気がつけば、今年もすでに2ヶ月が過ぎ去り、もう3月。
このブログを今年まったく更新できていなかっただなんて、なんて忙しかったのでしょう!

このブログ更新も仕事のひとつではあるのですが、つい先送りしてしまうのは仕事の仕方が下手なのか、はたまた自分を追い込むのが下手なのか・・(笑)。まぁ、忙しいというのは言い訳で、きっと時間の使い方がまだまだ下手なのです。

さて最近は、4CREATOR JAPAN の主業務(ウェブサイト制作&サポート)に加えて、立ち上げたウェブサービス「STAGLEE」を軌道に乗せるための業務があり、ToDoList はいつも山盛りです。

以前、某クライアント様からポータルサイト的なオーダーを受け、制作をしたことがあるのですが、ポータルサイトに限らず、ウェブサイトというものは、カタチができたら勝手に回っていくものではありません。Facebook やら Twitter やらを見ていると、仕組みさえ作って少し告知すれば人が集まってくる、みたいに簡単に考えてしまうのは分からなくもないですが...

2018年12月21日(金)

Fetch から Yummy FTP Pro へ

ウェブサイトの制作/運営を行なっている方なら日常的に使うであろうソフトウエアのひとつに FTP があります。

FTP ソフトウエアの主な役割は、サーバーに接続してファイルのアップロード/ダウンロードを行うことだと思いますが、4CREATOR JAPAN ではこれまで Mac の定番ソフトウエアのひとつ「Fetch」を使っておりました。

どのソフトウエアでも共通かと思いますが、一旦使い始めてそれが自分の道具として定着すると、なかなか他のソフトウエアに興味が向きません。実は、周りでは進化をして随分利便性が上がっているのに、それに気がつかないことが起こり得るのです。

Fetch は、まさにそれでした。
使い慣れており、特に問題も感じていなかったので、今まで FTPソフトウエアを他に変える、という発想すらありませんでした。なにせ基本は、ファイルのアップ/ダウンが行う事なので、事足りていたわけです。

2017年08月29日(火)

STAGLEE ついにプレオープン!

昨日、4CREATOR JAPAN プロデュースの新ウェブサイト「STAGLEE」がプレオープンとなりました。
STAGLEE は、ご依頼を受けて制作した外部サイトではなく、4CREATOR JAPAN 独自のウェブサービスとして市場に投入するものとなります。

STAGLEE を一言で表すならば、「イベント・ポータルサイト」となります。
ポータルサイトの「ポータル」とは「入り口」を意味する言葉ですが、STAGLEEは、音楽や演劇、お笑い、ダンスといったステージで繰り広げられる各種イベントを観に行く人たちにとって、まさに「入り口」となるサイトとして誕生しました。

Joomla! を利用したウェブサイト制作をしていて、時折難しいなぁ、と思わされる出来事があります。
Joomla! はいつでも何処でも直ちにコンテンツの追加・更新が出来る、というのが特徴のひとつで、とても便利なのですが、クライアント様の中にはこれを誤用してしまう、ということが時折発生しているのです。

この背景を考えますと、やはり「著作権」に対する理解のなさ、に行き当たります。

Joomla! では、クライアント様ご自身で記事の追加や更新が可能です。この範疇においては何ら問題ありません。
しかし、外部制作者にコンテンツを依頼して作ってもらった部分に関しては...

訪日外国人数の急増に伴い、あらゆる業種でインバウンド対策の必要性が叫ばれる昨今、日本語のみならず英語、中国語、韓国語など様々な言語でサービスを提供する努力を始めている企業が多いのではないでしょうか。

もちろん、ウェブサイトも例外ではありません。一昔前までは主にグローバルな海外展開をしている企業や輸出企業などが必要とした「言語切り替え」機能は、今やローカルな個人商店のウェブサイトでも必要とされる時代になりつつあります。

そういうわけで、CMS、とりわけ「WordPress」を使って多言語サイトを作る方法、なる記事をやたらに多く見かけます。

様々な記事を眺めてみて改めて実感するのは、ウェブサイトの多言語化にあたり「WordPress」では難しい(もしくは煩雑な設定を要する)ことが、同じくCMSの一つである「Joomla!」では至ってシンプルに実現できるのだ、ということです。

最近、Facebook にアクセスしていると、「Webの知識がなくても、自分でつくれるホームページ。」といった宣伝を見かける機会が増えました。Jimdo、Wix、BiND といったオンライン上でウェブサイト構築を行えるサービスが人気を博しているようです。

この「Web知識なしで作れる」という部分に関しては、従来から「ホームページ・ビルダー」といったソフトウエアは存在していましたので、特に目新しいものではありません。

誰しもがウェブサイトを気軽に創って情報発信する、とても良い時代です。
ソフトウエアを購入して、パソコンにインストールして、マニュアル読んで・・といった作業をさらに簡易化して、オンライン上でウェブサイトが作れる、というのは本当に素晴らしいと思います。

しかしプライベート性の高いウェブサイトであればそれで十分だと思うのですが...

東京から約4,400km南西に位置するタイ王国。
日本からも多くの観光客が訪れる国の一つですが、観光以外の目的で日本人が多く集まっているエリアがあるのをご存知でしょうか。

その場所の名は「シラチャ(Sriracha)」。
ニュースで、世界の企業が中国に工場を持ち、そこで生産活動をしていることは有名ですが、今やその場所は中国だけに留まらず、アジア圏全体に広がっています。とりわけシラチャには日系の工場が多く集まり、それ故日本の赴任者や出張者が多くいらっしゃるのです。

そんなシラチャの街にはレストランも、日本人が好きなゴルフ場も沢山あるのですが、新たにそこを訪れ暮らす日本人はもちろん、しばらく滞在している方にも、広くそれら情報が知られていない現状があります。そんな現状をウェブサイトで改善したいと、4CREATOR JAPAN にご相談をいただきました。それが今回ご紹介させて頂く新しいウェブサイト「ワクタウン・シラチャ」です。

2015年10月07日(水)

海外デベロッパーとの交渉

8月のお盆シーズン後から始まったプロジェクト、ウェブサイト制作が終盤に入り、現在詰めの作業で毎日忙しくさせていただいております。

今回は、今まで取扱いのなかったエクステンションでかなり労力を要しています。いつもながらに海外デベロッパーのつくるエクステンションはとても素晴らしいのですが、日本人視点で見るとどうしても詰めが甘いといいますか...

カテゴリ: スタッフ・ブログ

昨今は無料でウェブサイトを作成できるツールが溢れています。自分でサーバーを契約する必要もなく、制作会社に依頼する必要もなく、オンライン登録すればすぐにテンプレートを選んでウェブサイトを作り始められる・・・数年前までは新鮮だったこれらのサービスも国内外で続々と登場し、今や選ぶのに困るほどバラエティに富んでいますね。

これらのサービスを利用する上でのメリット、デメリットはそれぞれあると思いますが、ここではその点については論じません。とにかく、誰でもウェブサイトを気軽に持つことができる、いい時代です。

しかし、ビシネス用のウェブサイトを作る場合は注意が必要です・・・

カテゴリ: スタッフ・ブログ

突然ですが、クイズです。

○○株式会社は、ウェブサイト制作会社に依頼して、自社のウェブサイトを作ってもらいました。サイト制作費は、支払い済みです。
サイトを公開すると、今までサイト制作事案について部下に任せっきりだった○○会社の部長がサイトを閲覧し、部下にこう言いました:
「キミ、たしか過去にプライベートのウェブサイトは作った経験があると言っていただろう?だから我が社のウェブサイト担当者として、サイト制作の依頼先の選定から発注までキミに任せたんだよな。でも、この色は我が社のイメージに合わんだろう。キミの責任で変えておいてくれよ。ほら、名刺に使われている色があるだろ、アレだよ!」

○○会社のウェブサイト担当者Aさんは、こう思いました。
『色を変えるくらいなら、僕にも出来そうだ。後でサーバーにアクセスして変えておこう。そうすれば、サイト制作会社に追加費用を払わなくて済むだろうし、会社の中での僕の評価も上がるってもんだ!』

果たして、経費を節約しようとしたAさんの考えは正しいでしょうか?

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン