CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

イギリス製エクステンションの隠れた大変さ

 2016年07月04日(月)  

このところ利用しているエクステンションのデベロッパーの所在地が、ふと気が付くとイギリスが何故か多い。イギリスと言えば、このところ EU離脱問題でニュースを賑わしていますが、離脱を主導したとされるリーダーが首相候補から早々に辞退したり、党首を辞めたりなんていうのを見ると、自分の関わっているデベロッパーとのやり取りをふと重ねてしまい、「なんてイギリス人は身勝手で自己中心的なんだ!」という気持ちにさせられます。

Joomla! を使ったウェブ構築をしていると、様々な国のデベロッパーとメール上で会話することになります。多くの方々は本当に良い対応をしてくれるのですが、時折クセのある人に出くわします。

文化の違い、と理解して、なるべく日本人の常識は伏せて相手に合わせるように努めるのですが、中には「はぁ?」と首を傾げたくなる人もいるわけです。

今日やり取りをしたデベロッパーは2件、好対照の2人でした。どちらもイギリスを拠点に活動をしているデベロッパーですが、一人は名前すら名乗らず、いつも1文だけのメールを返してきます。たまに2行以上になると珍しい!と驚くくらい。
優秀なエクステンションをリリースしている方には違いないのですが、コミュニケーション力ははっきり言って最低レベル。本当に大変です。

片やもう一人のイギリス人は、頭が下がるくらいの親切なお方。本当に良くしていただいています。
この方が居なければ、本当に「イギリス人なんて!」と国単位で差別しそうでした(笑)。

いやホント、イギリス人の創るエクステンションでスゴいヤツは本当に桁違いにスゴいんです。しかし、桁違いにスゴいエクステンションを創るところは、クセのあるサポートをする方に出くわす確率も高いという・・(苦笑)。

こうして海外の方とコミュニケーションをしていると、日本人のサービスって、本当に素晴らしいと思います。顧客からのメールに対して1文で返す、なんて絶対あり得ないですものね!1文ということは当然挨拶もナシというレベルですよ(笑)。

というワケで、只今イギリス製エクステンションを核としたウェブサービス構築で忙しくしております! (^_^)

最終修正日 2016年07月04日(月)
大島 英人

4CREATOR JAPAN 代表/米国法人 4CREATOR, LLC 代表(Operating Manager)

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン