CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

ソーシャル・ネットワーク

 2011年01月22日(土)  

今日は仕事をオフにして、今話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」を観に行ってきました。

ご存じない方のために一応軽く説明しておきますと、アメリカのウェブ・サービス「The Facebook(誕生した当初は「The」が付いていた)」をハーバード大に在籍中に創りあげ、わずか6〜7年という短い期間で世界の約5億人がアカウント登録するサイトに成長させた創設者「Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)」を中心に描いた作品です。


facebook は、今やIT界の巨人「Google(グーグル)」を脅かす存在(アクセス数はグーグルに次いで2位ですが、サイトの利用時間は1位)です。やはりウェブサイトを創ったりしている人間としては気になるワケです(笑)。

映画に先立って、本「フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)」を読んでいました(間もなく読み終わります)が、ヘタな小説よりも遥かに面白い内容です。

一口にウェブサイトと言っても、様々なタイプがあるので一概には言えませんが、ウェブサイトを運営/保有される方は、この Facebook(フェイスブック)やツイッター、日本ではミクシーといった、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)について知っておいた方が良いと思います(出来れば、実際にアカウント登録をして利用してみた方がより理解が出来るのでお勧めです)。

これらを知っているのと知らないのとでは、ウェブサイトの運営の仕方や発想が変わってくる可能性大です。
本屋に行くと「ツイッターの活用」をテーマにしたハウツー本が結構沢山出ていますが、今やこれらは既存の媒体(テレビ、ラジオ、雑誌)とは違う「新たなマーケティング・ツール(又は、広告媒体)」という見方がなされ、実際活用しているという企業は決して珍しい存在ではありません(企業の規模を問わず活用することが出来ます)。

日本では、まだまだ Facebook(フェイスブック)の存在は大きいとは言えませんが、この映画や本をきっかけとして高まってくることは間違いないでしょう。

このブログを読んだのもひとつのきっかけ(笑)!(僕はツイッターで本の話題をひろって、すぐに Amazon.co.jp に注文しましたが、買って正解でした!)映画も本もぜひお楽しみください、オススメです。

最終修正日 2015年06月05日(金)
大島 英人

4CREATOR JAPAN 代表/米国法人 4CREATOR, LLC 代表(Operating Manager)

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン