CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

BANG & OLUFSEN に出逢った!

 2015年06月26日(金)  
BeoVision Avant BeoVision Avant BANG & OLUFSEN

先日、プロフィール写真を撮るという名目で(笑)、仕事を早々に済ませ、午後から二子玉川に出かけてきました。二子玉川周辺が再開発され、新たな商業エリアができた事は噂程度には知っていたのですが、 実際歩いて体感したのは今回が初めてです。

また二子玉川といえば最近、楽天の本社移転先としても話題の場所です。

歩いてみてまず感じたのは、パソコンの前ばかりに居てはいけないなぁ、という事です。様々なテナントが立ち並び、新しい商業エリアということもあってか、どのお店も素敵にデザインされています。お店の看板もマジマジと見ると、ウェブサイトに使うロゴとイメージが重なり、とても勉強になります。

各店内も、ただ商品を並べるだけではなく、居住空間としてデザインされていることに意識が向かうと、すべてが刺激的でとても良い時間を過ごす事が出来ました。

そんな素敵なエリアにあって、ふと目につく場所があり、思わずフラっと中に入ってみると、巨大なテレビとソファーがあります。しばらくそこでテレビを眺めていると、さりげなく話しかけてくる方が・・。

とても感じの良いその方は、このショールーム「BANG & OLUFSEN」の方であることはすぐに分かったのですが、その親切な説明のおかげで、その眺めていたテレビが只者ではないことがよ〜く分かりました。

テレビの中に高級オーディオそのものが内臓されている、という感じのコンセプトで、表にも裏にもケーブル類は一切見えず、とても洗練されたルックスの、オーディオ・テレビと呼びたくなるような製品でした。


加えて、他にディスプレーしてあったオーディオ製品も色々とご紹介頂けたのですが、半ば浦島太郎気分といいますか、はたまた映画の中の世界に入った気分といいますか、とにかくまぁ、デザインも機能も未来を感じさせる素晴らしいものばかりで、思わず心の中で「世の中はこんなに進化しているんだ!」とつぶやくのです。

私自身、20〜30代の頃は音楽業界で過ごしていたにもかかわらず、いわゆるオーディオの世界といいますか、音楽を楽しむ側の世界(高級アンプやスピーカー)といったものはほとんど無縁でしたので、90年の歴史のあるというバング&オルフセンというブランドは、恥ずかしながら実は初めて知った次第で、とても驚きと新鮮さがあったのです。

90年の歴史があるオーディオ・ブランドと言われると、古き伝統を重んじて時代遅れになるメーカー、ブランドもありそうですが、このブランドはとにかく革新的、最先端という趣で、昨今のネット事情・コンピュータ事情を最高レベルでオーディオ製品に融合させている、という感じがいたしました。映画「アイアンマン」の主人公、トニーの邸宅にあったら違和感なく溶け込む感じなのです!

買い物をする、という意味での価格帯としては決して安くはないのですが、その中身と照らし合わせると、とても魅力的に映りました(高いという感じはしません)。

まぁしかし、85インチのテレビは車1台が買えてしまう価格帯ですし(笑)、何よりもそれを置く部屋が必要ですので、今の生活では考えられない製品なのですが、頑張ってこの製品を置けるような部屋に引っ越したい、と思わせる魅力が確かにありました(笑)。

また時間を見つけて、今度はゆっくりと二子玉川に出かけてみようと思います。

あ、そうそう。プロフィール写真は「運営者情報」ページに掲載できました。こんなオジサンですが、どうぞヨロシクお願いいたします!

最終修正日 2015年06月26日(金)
大島 英人

4CREATOR JAPAN 代表/米国法人 4CREATOR, LLC 代表(Operating Manager)

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン