CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

スタッフ・ブログ

4CREATOR JAPAN のスタッフが関心を向けた話題をお届けします。各種話題の中にスタッフの人柄を垣間見ることでしょう。

「運営者情報」ページに記載している通り、今の仕事に就くまでの30代前半まで、ずっと音楽業界又はその近くで人生の日々を過ごしてきました。高校時分に打ち立てた『大いなる野望』は残念ながら壮大すぎて(笑)叶うことはありませんでしたが、自分の名前がクレジットされた CD は何枚かリリースされましたし、好きな世界でずっと過ごして来れたことは、とても幸せだったと思います。

8月のお盆シーズン後から始まったプロジェクト、ウェブサイト制作が終盤に入り、現在詰めの作業で毎日忙しくさせていただいております。

今回は、今まで取扱いのなかったエクステンションでかなり労力を要しています。いつもながらに海外デベロッパーのつくるエクステンションはとても素晴らしいのですが、日本人視点で見るとどうしても詰めが甘いといいますか...

昨今は無料でウェブサイトを作成できるツールが溢れています。自分でサーバーを契約する必要もなく、制作会社に依頼する必要もなく、オンライン登録すればすぐにテンプレートを選んでウェブサイトを作り始められる・・・数年前までは新鮮だったこれらのサービスも国内外で続々と登場し、今や選ぶのに困るほどバラエティに富んでいますね。

これらのサービスを利用する上でのメリット、デメリットはそれぞれあると思いますが、ここではその点については論じません。とにかく、誰でもウェブサイトを気軽に持つことができる、いい時代です。

しかし、ビシネス用のウェブサイトを作る場合は注意が必要です・・・

このところ、自分の住まいについてよく考えるようになりました。
今住んでいる街、住宅はとても気に入っているのですが、今後の30年40年先を考えた時には、今の時点で次の展開に軸を移しておかないと後悔してしまう気がするのです。

それで、時間を見つけては「住みたい街」探しをしています。
時折、気になる物件があると不動産関連の方と接することになるのですが、ここで実に気になることが毎回あるのです。

今や誰もが気軽に情報発信を行えるようになったインターネットの世界。
学生時代には苦手だったはずの作文は、今の時代、重要なスキルのひとつであると言えるかもしれません。これほどテキストを経由して人とコミュニケーションをする必要性がかつてあったでしょうか。

誰もが気軽にテキストを作成し、それがインターネット上で閲覧出来るのは大変良いことなのですが、最近妙に気になることがあるのです。ひとたび「気になる」と目につくのが人間の性というものです(笑)。

ここ最近、不動産系サイトの情報をよく見るのですが、ことさらこの業界は中黒をいい加減に使う方が多いようです。

中黒とは、「・」のこと。まぁ、言ってみればただの点ですね。
しかし、このただの点「中黒」は、正しく使わないと実は意味が間違って伝わる可能性が大なのです。

本日、8月17日(日本時間では8月18日)は、Joomla! の誕生日。
この世に Joomla! が登場して早10年が経過したそうです。

10年前というと、2005年。ちょうど私がウェブサイトを使ったビジネスを始めようと、米国に法人を設立した年でもあり、なんだか灌漑深いものがあります。

土曜日は基本休みにしているのですが、やり残した仕事があるときや個人的な調べ物があるときは、昨今のメインマシン「Mac mini」を起動します。この Mac mini は Apple ストアでカスタマイズして、3.0GHzデュアルコアIntel Core i7 & 16GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM を搭載していますので、以前のメインマシンだった「Mac Pro」をはるかに凌ぐ性能があります。Mac Pro と比較すれば、とてつもなく小さいボディであるにも関わらず、驚きの処理スピードです。

これまで、仕事用のファイル管理は NETGEARReadyNAS をメインに使ってきました。
ウェブサイト制作をする場合、どうしても関係ファイルをスタッフと共有する必要がありますし、またメインマシンで使っていたファイルを、ノートパソコンに移っても引き続き使える、という状態を維持できていた方が作業効率や安全性が格段に高まります。

先日、プロフィール写真を撮るという名目で(笑)、仕事を早々に済ませ、午後から二子玉川に出かけてきました。二子玉川周辺が再開発され、新たな商業エリアができた事は噂程度には知っていたのですが、 実際歩いて体感したのは今回が初めてです。

また二子玉川といえば最近、楽天の本社移転先としても話題の場所です。

まだ Apple が iPhone を発表する以前、Mac は Windows と比較すると、ウイルスとは無縁、とまではいかないものの、「安全だ!」という都市伝説がありました。しかし、それは単にパソコン全体のシェアが圧倒的に Windows で占められていたので、ウイルスを作って悪さをしようという輩には Mac を攻撃することに魅力を感じなかった、ただそれだけの事だったのでしょう。

しかし、iPhone 発表以後の Apple の快進撃は今更ここで言うまでもないことですが、スマホやタブレットにおされてパソコンの売れ行きが落ちている中、MacBook 等は価格帯が高いにも関わらず、売り上げを伸ばしているというニュースを目にしたことがあります。

パソコン・シェアとウイルス攻撃とは連動するでしょうから、今や Mac も当然ウイルス対策ソフトが必要なわけです。

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン