海外デベロッパーとの交渉

 2015/10/07(水) 11:31  

8月のお盆シーズン後から始まったプロジェクト、ウェブサイト制作が終盤に入り、現在詰めの作業で毎日忙しくさせていただいております。

今回は、今まで取扱いのなかったエクステンションでかなり労力を要しています。いつもながらに海外デベロッパーのつくるエクステンションはとても素晴らしいのですが、日本人視点で見るとどうしても詰めが甘いといいますか、隠れたバグとかがある恐れがあるので、入念なテストを行います。

結果、いくつもアラが見つかり、デベロッパーに対応してもらうべく交渉が幾度となく繰り返されます。

相手が日本人ならば、顧客から指摘を受ければ自分たちの製品に問題があったのだろうか、という観点で対応してくれるのが半ば常識ですが、海外のデベロッパーはどういう訳か「俺の製品には問題ないはずだ」という姿勢の人が散見されるので困りものです(苦笑)。

基本的に自分の非を認めたがらない人を相手に、母国語ではない英語で交渉しなくてはならないので、時にこれが大いなるストレスとなるわけです。しかし、一旦彼らに自分の非(バグなど)を認めさせれば、恐ろしい速さで対応してくれるので、これにはいつも感心してしまいます(笑)。

今回も色々ありましたが、Joomla! を使うからこそ出来る素晴らしい仕上がりとなってきました。あと数点のバグが直ればリリース出来るレベルになりそうです。あともう少し、頑張ります!

最終修正日 2015/10/07(水) 11:53
Contact us
ご相談はお気軽にどうぞ!
Slider
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン