CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)
お知らせ 2018.12.12 年末年始休業のお知らせ

グローバル対応(多言語サイト)

ご存知の通りインターネットは世界中の人々をつなげています。もしあなたのウェブサイトが日本語だけでなく、英語にも対応していればビジネス・チャンスは格段に広がる事でしょう!

Joomla! を使えば、多言語サイトを構築することが可能です。グローバルなビジネス展開をお考えの方はぜひご検討ください。

多言語サイトの構築イメージ

Joomla! の基本言語はイギリス英語ですが、そこに日本語の言語ファイルをインストールし、Joomla! の標準言語を日本語に設定することで日本語サイトとして Joomla! を利用できるようになります。この時点で英語と日本語の2言語がインストールされておりますが、多言語サイト用の設定を施さない限り、英語サイトとしての部分は公開されません。

言語切替スイッチャー
言語切替スイッチャー

多言語化用の設定の他、言語切替スイッチャーというモジュールを有効にしますと、国旗アイコンをクリックすることでウェブサイトの言語が切り替わるようになります。

多言語ページを作成する方法

細かなテクニカル的要素を除外すれば、大きく2つの方法があります。
ひとつは Joomla! の基本機能を利用する方法で、もうひとつは外部ツールを利用する方法です。

外部ツールを利用すれば、オリジナル記事(日本語)をワンクリックでコピーして、テキスト部分だけに集中して翻訳版を作成することが出来、またサイト全体を見渡してどの記事がまだ翻訳されていないかを一覧出来る便利さがあります。このツールを利用されたクライアント様からはお陰様でご好評をいただいております。

ネイティブな英語

翻訳は、各言語特有の言い回しがあるので、実際にその言語を閲覧する海外の方に自然に受け入れてもらう事を考えると、日本人が翻訳テキストを用意するというのは実は無理があります。

4CREATOR JAPAN では、ネイティブな英語版作成をお求めの方に、翻訳版を作成するサービスを提供します。
日本語が堪能な翻訳者(アメリカ人)に依頼し、英語が得意な 4CREATOR JAPAN スタッフが翻訳の仕上がりをチェックすることで、元言語の日本語のニュアンスと翻訳後のニュアンスが乖離していないかチェック、翻訳者とコミュニケーションを図りながら最終版に仕上げます。

デザイン調整

同じ内容を伝える場合でも、言語が変われば文字量が大幅に異なる場合があり、それによりウェブサイトのレイアウトが崩れる場合があります。
例えば、プルダウンメニューを使う場合は、多くの場合メニューの横幅が決まっています。すると日本語では全く問題がなかったのに、英語版を入れ込むと2行になってしまい、見た目が不恰好になる、という事があるのです。

4CREATOR JAPAN は、CSS により、言語毎に起こりうる問題にも対処しております。

学会 ホームページ制作

4CREATOR JAPAN へのご相談・ご質問等は、24時間いつでもお気軽にどうぞ!

お問い合わせ

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン