CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

オフィシャル・ブログ

4CREATOR JAPAN の公式ブログです。 Joomla! やウェブサイト、ネット関連の話題をお届けします。

4CREATOR JAPAN といえば「Joomla!」、Joomla! といえば 4CREATOR JAPAN、と本サイトで打ち出していますが、実は、創るウェブサイトの目的によって Joomla! を採用する場合としない場合があります。

Joomla! は確かに機能的で便利なのですが、小規模サイトや、ほとんど更新を必要としないサイトにはオススメしていません。

このところ、WordPress を使ったウェブサイトをよく目にするようになりました。パっと見は、とても洗練されていて素晴らしいデザインに見受けられるものも多々あります。

実際、Joomla! 用のテンプレートを開発/提供しているデベロッパーも、すっかり需要が高くなった WordPress は無視出来ないらしく、WordPress 用のテンプレートも提供しているところがあります。

果たして、WordPress の実力はいかに?・・・という事で、WordPress について書かれている記事を色々見てみました。

もしあなたが「注文住宅で家を建てたい」と考えたとしたら、どういう事をするでしょう?
もしあなたが「一等地にレストランを出店したい」と考えたら、どういう事をするでしょう?

もちろん建築のプロに相談するでしょうが、相談する前に「どういう家を持ちたいか」「どういうレストランにするか」という事に想いを巡らせて事例を集めたりしないでしょうか?

例えば本屋さんに行って、住宅関連雑誌を購入してパラパラと素敵な部屋の写真が掲載されているのを眺めながら「自分だったらココは違うテイストにするだろうなぁ」等々思いながら夢を膨らませていくことでしょう。

実はウェブサイト(ホームページ)も同じ事なのです。
ウェブサイトはインターネット上に建てる、あなたの家でありレストランなのです。ウェブサイトのトップページを「ホーム」と呼ぶのは偶然ではありません。

インターネットのニュース・サイトにこんな記事のタイトルがありました。

首相官邸HP、リニューアルに4500万円 ネットで怒りの声 「もっと安くできる」

首相官邸ホームページ

おそらく多くの方が「えっ!ホームページを作るのに4,500万円もかかったの?!」という反応をするでしょう。記事の内容も批判的です。
「政府の広報として、4,500万円をかけるべきか否か」は、さておき、ウェブサイトの制作費としてこの価格は適正なのでしょうか?

細かい計算をすると大変なので、直感的な印象でしか語れませんが、このウェブサイトの制作費は、おそらく「適正」です。

では、一般感覚では理解しがたい 4,500万円という数字が、なぜ「適正」なのか、ざっくりとしたポイント(個人的見解)を解説しましょう。

前回のブログ「自社ウェブサイトをつくる! (1)」の続きです。
前回のブログをお読みになっている事を前提にスタートします。

後半の「ゴールからウェブサイトに必要な要素を考える」では、2つの投げかけをしました。

  • 「通院して頂く事」がゴールだと仮定すると、ウェブサイトに必要な要素は何か?
  • 患者さんに「Y鍼灸接骨院」を選んでもらうためには、ウェブサイトにどんな要素が必要か?

今回はこの2つについて、少し掘り下げて考えてみましょう。

メール・アイコン

もう20年以上も昔に、とあるアルバイト先で出会ったTさんが、「開院」された旨知らせてくれました。お聞きしてみると、医院のウェブサイトはまだこれからだといいます。

そこでTさんへの私信も兼ねて、「ウェブサイト作りに失敗しない」ためのアドバイス、という切り口で、2回に分けて「自社ウェブサイトをつくる」事にフォーカスして記事を書いていきます。個人事業主さんや零細・中小企業のご担当者様にとっても役立つ内容になるはずです。ぜひご注目ください。

マーケティングを意識したウェブサイト

このところ以前にも増して強く感じている事があります。
それは、企業系ウェブサイトを構築するという事はマーケティングの思考が必要だという事です。

とはいえ、私自身、マーケティングを語れるほど深く勉強をしたワケではありません(数冊本を読んだくらいです)が、ウェブサイトを構築するための検討事項を並べてみると、中身はマーケティング的要素と類似してきます。

ウェブサイトを新規に構築する場合であっても、リニューアルする場合であっても、クライアント様に伺う共通ポイントがいくつかあります。

エラー検証

ウェブサイトを制作するためには様々な知識が要求されます。
もっとも基礎的なところでいえば、HTMLとCSS。HTMLだけでも一応ページ作成は行なえますが、どうしても古いテイストのデザインとなってしまいますので、今やCSS無しのサイト創りは考えられません。

当サイトでご紹介している「Joomla!」は、PHP言語を中心に構築されており、ページ作成に必要となる上記の要素に加え、システム的なケアを要求される場合があります。

Joomla! にインストールして使用するエクステンションの中には、PHP の仕様をカスタマイズしないと動作しない(又は、一部の動作に支障をきたす)ものが稀にあります。

セキュリティー

本サイトでご案内している Joomla!
とても素晴らしいツールには違いないですが、本格的に利用するとなると、専門的な知識/スキルがあった方が良い場面があります。

その代表が「セキュリティー」。
オープン・ソースと聞くと、やはり気になるポイントではないでしょうか。

Joomla! の開発チームは、セキュリティーには大変気を配っており、セキュリティー上の問題が見つかると、すぐにアップデータを配布して対応しています。ですが、備えあれば憂いなし、という事で 4CREATOR JAPAN で制作させて頂いたウェブサイトにはセキュリティー・プログラムを付けています。

シューズ

まだ僕が20代だった頃、たった一つの靴を買うために新宿と渋谷を往復し、複数のお店をじっくり見てお気に入りを見つける、なんて事をしていました。当時はやはりお金をあまり持っていませんでしたが、少ないお金だとしても、出来るだけカッコ良く満足のいくものを手に入れたいという気持ちが強かったのでしょう。

しかし、今ならどうでしょうか?
例え当時の僕が2011年の今に降り立ったとしても、おそらく電車を乗り継いでお店を比較したりしないはずです。インターネットがあれば、短時間に膨大な商品リストの中から選べるからです。気に入った商品が見つかれば、出来るだけ安く買うために、さらにネット検索を駆使することだって出来てしまいます。

そういったインターネットの時代にあって、様々な企業がそれに取り組んでいますが、残念な事に...

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン