Joomla! 3.7 の新機能

 2017/03/01(水) 15:27  
Joomla 3.7 Joomla 3.7 画像引用:https://www.joomla.org

現在、Joomla! の開発チームの方ではメジャー・アップデート版となる 3.7 のリリースに向けた準備が進められております。先月下旬にはベータ3が公開されました。
一応現段階では、正式版リリースは3月末が予定されておりますが、個人的には4月中旬頃になるのでは、と根拠もなく予想しております(笑)。

さて来る Joomla! 3.7 では何が新しくなるのでしょうか。

カスタム・フィールド

これはようやく搭載される、という感のある待ちに待った機能です。
カスタム・フィールドは、例えば「お問い合わせフォーム」のようなものを思い浮かべると分かりやすいかと思いますが、入力項目を事前に用意しておける機能です。

この機能がありますと、例えばカタログのようなページを沢山作成したい、といった場合に特に効力を発揮します。
白紙の状態で記事を作れば、作る人によって体裁がバラバラとなりますが、事前に設計したフィールドを用意しておけば、誰が入力しても同じような体裁のページが出来上がります。

このカスタム・フィールド機能を使いたい場合、今までは外部エクステンションを導入する必要がありました。

多言語化の強化

Joomla! は元々単体でも多言語サイトを作るための機能を備えておりましたが、作成時のユーザビリティーは決して良いとは言えないものでした。そこで 4CREATOR JAPAN では多言語サイトを求めるクライアント様には FaLang という外部エクステンション導入をオススメし、これまで成果を上げてきました。

FaLang を導入しますと、記事作成画面に指定した言語の国旗アイコンが現れ、それをクリックするだけで指定言語の記事作成に(ページ遷移することなく)取り掛かることが出来ますし、また既存記事の各要素をHTMLソースを含んだ状態でワンクリックでコピー出来るので、多言語版作成はテキスト編集だけにフォーカス出来るという特徴がありました。

どうやら 3.7 では、FaLang と同じような操作性を実現させている、とも受け取れる記述がありますので、今後の多言語版制作に大きな影響を与えそうです。

ワークフローの改善

Joomla! は大変便利なツールではあるのですが、その構造を理解し、自在に操るには少し難があると言われても仕方のないところがありました。慣れれば、とても便利に出来てはいますが、新参者には辛いのは確かです(笑)。

ところが、3.7ではこの辺りの敷居が下がりそうな気配です。カテゴリを作成し、そこに記事を割り当て、出来た記事を表示させるためのメニューを作って・・・といった一連の作業がワンステップで行えるようになるというのです!
4CREATOR JAPAN の仕事がなくなる日も近いですね!(笑)

シンプルなURL

Joomla! の内部にはIDで管理されているものが沢山あります。
そのIDは、URLで利用されることも多々あるのですが、これは SEO的には不利な側面があるとも言えます。4CREATOR JAPAN で作成したサイトは得てして SEO に強いのですが(自慢)、その理由のひとつは、この ID 表示をなるべく減らすためのウェブサイト設計にありました(秘密をひとつバラしましたよ・笑)。

3.7 では、この ID表示問題についても改善が施されているようです。
やっぱり、4CREATOR JAPAN の仕事がなくなる日も近いですね!(笑)

サイト管理者にも優しく

フロントエンド(一般閲覧者が見る側)は、メニュー構成を比較的自在に配置出来ますが、バックエンド(管理者側)はメニュー構成をイジる、ということは基本的にしませんでした。
複数の管理者でウェブサイトを運営したい場合、バックエンドも管理権限に応じて変更したい、という需要はわずかながらありましたが、3.7 ではこの辺りにも対応するようです。

エディタも便利に

HTML を知らない人でもウェブページの作成が出来るのも Joomla! の魅力のひとつですが、それを支えているのがエディタです。エディタは、ワードのような感覚でテキストを装飾出来たりしますが、同時にそのための HTMLソースをバックグランドで書いてくれるツールなのです。

そのエディタ、便利ではあるのですが、ボタンが沢山付いていて何だか面倒そうだな、という人にはさらに悩ますかもしれない便利ボタンが追加搭載されるようです。

便利になる分、ボタンが増え、複雑化していく・・この辺りのバランスは難しいところですが、果たしてどうなるでしょうか。

管理者にヘマをさせない

Joomla! にインストールするエクステンション(パソコンでいうところのソフトウエア、アプリケーションの事です)は、とても多くのファイルで構成されています。またエクステンションには核となるコンポーネントがあり、それを支えるプラグインモジュールと呼ばれる存在があるのですが、これら必要な要素を誤って削除してしまうと当然支障をきたします。

3.7 ではエクステンションの必要な要素を誤って削除しないようブロックする機能が備わるようです。

 

以上、Joomla! オフィシャルサイトで発表されている記事内容から、独自の説明を加えて Joomla 3.7 についてご紹介しました。

巷では WordPress が CMS代表のように捉えられているようですが、Joomla! を知り、使い慣れれば WordPress を使おうとは決して思わないはずなのですが、やはり誰にでもすぐに使えるツールではない、という部分が Joomla! の弱点ではありました。3.7 ではその問題にフォーカスし始めているようで期待大ですね。

4CREATOR JAPAN の仕事・役割は、制作からアドバイザー業へ・・・そんな日が近づいているのかもしれません。

 

最終修正日 2017/03/01(水) 15:53
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン