Joomla! と Wordpress のシェア

 2014/01/12(日) 00:00  

Google トレンド」という Google のサービスがあります。これを使うと、何がどれくらい検索されているか、その「人気度」を掴むことが出来ます。

昨今、Wordpress が大人気ですが、実際どれ位の人気度なのか、Joomla! と比較してみましょう。

Joomla と Wordpress の人気差(検索ボリュームの違い)

以下のグラフは、「すべての国」における、Joomla! と Wordpress の人気度を示しています。
2010年に入ったところ辺りから、人気度に差がつきはじめ、今日に至るまで差がひらく傾向にあります。

 

対象を「日本」だけに限定したのが、以下のグラフです。

 

人気度と Joomla! の実力は比例しない

どちらも使った事がある私個人の感想ですが、Joomla! は Wordpress に比べると、はじめは敷居が高いのは確かです。大変多機能で、且つ、機能を拡張できる分、学習すべきことが多く、使いこなすまでに時間がかかります。しかし一旦マスターすると、自由自在にウェブサイトの設計が可能となるので、今現在 Wordpress を使うという選択は私の中には 100%ありません。
ちょっとしたレイアウトの変更や、機能拡張の自由さは、Joomla! の方が断然上なのです。

今回のグラフを「人気度」と単純に捉えるのも良いですが、これは検索量を現しているにすぎないので、もしかすると「WordPress でレイアウトを変更するにはどうしたらいいの?」というような疑問解決のため検索量が増えているのでは?という気もします。

また、日本において Joomla! の人気が低いのは、やはり言語の問題でしょう。
昨今は、日本語で解説するようなウェブサイトも増えてきましたが、私が Joomla! を使いはじめた、バージョン 1.0 時代は、日本語で満足いく解説をしているところはありませんでしたので、英語と格闘するようなところがあったのは事実です。スタートがそうだったので、私自身、今でも Joomla! 関連情報はすべて英語サイトから得ています。

しかし経験者の立場で言わせて頂ければ、言語の問題は中学生レベルの英語力とツールを使いこなすだけで、ほとんど回避出来ます

最近のお気に入りは、エキサイト翻訳です。また英単語を深く知りたいときには、スペースアルクなんかもオススメです。
一時期、Mac にインストールする翻訳ソフトを使っていましたが、ウェブ翻訳の精度がかなり良くなってきたので、昨今はウェブサービスばかり使っています。

WordPress を選ぶか、Joomla! を選ぶか

ブログ的な情報発信だけでよければ WordPress は良い選択だと思います。
ただ元々、WordPress はブログ・ツールなのです。これを CMS として使うのはやはり無理があるので、「ウェブサイトで何を実現させたいか」は明確にした方が賢明です。

ブログだけでなく「本来のウェブサイトとしての役割を充実させたい」「ビジネス・ツールとしてウェブサイトを考えている」という方には、自信をもって Joomla! をお勧めします(Joomla! の優れたエクステンションの存在【拡張性】にもご注目ください)。但し、ゼロから創る場合は「しっかりとマスターするぞ!」という心構えや明確な目的意識は必要です。

ビジネス的な意味で比較検討されているのであれば、4CREATOR JAPAN を利用するのが一番です!
将来的にウェブサイト制作を商材とするのであれば話は別ですが、サイトを制作するための学習に時間をかけるのは愚かな事ではないでしょうか。ウェブサイトをスタートさせるまでは得意な人に創ってもらい、普段の情報発信やページ更新に必要な知識だけ学ぶ、その方が断然効率的です。

時間は本業にかけて、あなたの得意分野でガッチリ稼ぐ、が一番です!

もし Joomla! にご興味があれば、お気軽にご相談ください。
WordPress を選択しなくて良かった、という満足度は確実に差し上げられると思います。

最終修正日 2016/03/03(木) 22:34
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン