CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

Android

ソフトバンクを止めて FREETEL にケータイを移行して4ヶ月目に入りました。
元々、iPhone 6 をメインにしていましたが、iPhone 6 は Simフリーではないので、FREETEL に移行するのを機にアンドロイド端末を使うことになりました。

現在、FREETEL から出ている「Priori 4」というモデルを所有しています。
これを選んだ理由は、「iPhone 6 用にテザリングが出来ること」「4,000mAh というバッテリー容量」そして「価格」で、スマホとしての機能性はほとんど期待に入っていませんでした。

しかし実際に使ってみると、安い割には「これで十分じゃないの?」と思わせる性能だったり...

カテゴリ: スタッフ・ブログ

これまでこのスタッフ・ブログでは、スマホネタを3回ほど書きました:

ここで、ソフトバンクとの契約を打ち切り、格安スマホへとシフトした動機を改めて整理してみますと...

カテゴリ: スタッフ・ブログ

昨年11月のブログ記事「ソフトバンクからFREETELに移行!」で「iPhone & テザリング」という方向にするということで、「Posh Mobile's Micro X S240」を使ってきたのですが、約2ヶ月使ってみて『機種選択時の盲点』ともいうべき不満点が出てきてしまいました。

テザリングで iPhone を使う、ということは両機種の電源を酷使することとなります。実際テザリングをした後のバッテリーの減り具合は結構なものでした。iPhone とPosh を比較すれば...

カテゴリ: スタッフ・ブログ

私が一人暮らしを始めた頃は、まだ世の中にケータイというものは一般的ではなく、(私は利用したことは結局なかったのですが)ポケベルというものが主流だった気がします。あの頃の電話の感覚といえば、「市内通話」か、0から番号が始まる「市外通話」かの2つで、海外に電話をかけるなんてとんでもない事、請求書に対する相当な覚悟が必要だったと思います。

また電話機自体が家族で1台でしたので、今とは比較になりませんが、一人暮らし感覚で言えば、1ヶ月の電話代が5,000円を超えたら、少し使いすぎたかな、と感じていた思います。

それがいつしか一人に1台ケータイを持たせ、各端末から5,000円以上徴収されているというのに...

カテゴリ: スタッフ・ブログ

打ち合わせ等でクライアント様とお話をさせて頂く際、持参しているノートパソコンのモニター画面をお見せして説明させていただいた方がご理解を得て頂きやすい場合が多々あります。特に Joomla! の管理パネルの感じなどは口頭で説明するよりも見ていただいた方が断然早いのです。

そこで数年前から利用しているのが iPad との併用。
MacBook Pro とiPad 双方ににアプリ「Air Display」をインストールします。Air Display があれば、MacBook Pro で表示している画面を iPad上でも表示させることができるのです。

カテゴリ: スタッフ・ブログ

先週(2014年4月17日)、4CREATOR JAPAN で制作させて頂いたウェブサイト「鈴木サキソフォンスクール」を公開しました。前回のリニューアルから約2年というスパンで再リニューアルとなったわけですが、今回のリニューアルの背景を知って頂く事は、今後ウェブサイトを立ち上げたり、既存のサイトをリニューアルする際にとても参考となると思います。いえ、それだけでなく、今すぐにでも役立つ話も含まれます...

4CREATOR JAPAN で Joomla! を使いだした頃に比べると、CMS と呼ばれるツールも色々増えたようで、こちらの外部サイトの記事「企業で使えるオープンソースCMS一挙12種類解説(機能やインストール/管理の難易度評価付き)」では、12種類も紹介されています。

当時から Drupal や Geeklog の存在は知っておりましたが、Joomla! に落ちついてからというもの他のツールはほとんどノー・マークでした。昨今は、ブログ・ツールである WordPress が、あたかも CMS のように認識される傾向にあるようですが、こういった記事にはやはり WordPress は入りませんね(笑)。

この記事の公開日は、2008年となっているので、すでに情報が古く...

日本経済新聞 Web刊」の記事に、今後のウェブサイトを考える上でとても参考となるデータがいくつかありました。
今さらあらためて言うまでもないですが、今後はスマートフォンからのウェブサイト(ホームページ)へのアクセスが増々伸びていきます。

現在ウェブサイトをお持ちの方もそうでない方も、今後はその対策を早めにやっているか否かがビジネスの勝敗を分けていく可能性があります。

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン