CMS: Joomla! によるウェブサイト制作(ホームページ制作)

ウェブサイト制作開始から10年以上経過

 2016年03月18日(金)  

もともと自社サービスを構築するために培ったウェブ技術が、外部から認められ求められるようになり、初めて受託業務を行ったのが 2007年。その後、いくつかの案件を経て、六本木の不動産会社(株式会社)様からご依頼を頂いた2009年を境に現在の 4CREATOR JAPAN を屋号として本格的に受託業務をさせていただくようになり、早6年が経ちました。

『米国法人 4CREATOR, LLC』を登記し、自社サービスの構築を始めたのが 2005年ですから、そこから起算すると、もう10年以上ウェブサイトを作る毎日を送ってきたことになります。Joomla! を本格的に使い始めたのは 2007年、これも8〜9年の経験値と実績が貯まってきており、おかげさまで高い評価を頂けるようになりました。

正直経済的に苦しい時期もありましたが、こうして10年以上ビジネスを続けてこられたのは今までお取引頂いた方々のおかげだなぁ、としみじみ思う次第です。

昨今お問い合わせいただく方々とのお取引を考えると、4CREATOR JAPAN の法人化も考えなくてはならない時期が訪れたのかなと思ったりもするのですが、「株式会社」という看板をつけると信用度が増す、という日本の商慣習に風穴を開けられるような存在になりたい、という『独りよがり』な気持ちも有ったり無かったりします・・(根が Rock なもので!/笑)。

もちろん、登記をすることによる信頼性向上の背景は、かつてアメリカで登記し今現在もその会社を維持していますから、およそ私も理解はしているつもりです。

しかし法律が改正された昨今、株式会社の登記自体は随分と敷居が下がって誰でも出来る時代ですから、以前のような『信用度』は現実的には薄まっているのではないでしょうか。また昨今のニュースを見れば分かる通り、大企業でさえ不祥事を起こすこの時代、頼れるのは『自分の眼と直感』しかないな、と半ば本気で思ったりもします。

また一説によると、「創業後10年以内の廃業率は96%」とも言われています(ホンマかいな?)。このデータだけを見ても、株式会社だから信用できる、という日本の風潮には甚だ疑問があるわけです。

それよりは、日本では個人事業主だけれども日米通算(野球か!)10年以上もキャリアを重ねている 4CREATOR の方がよほど信頼性が高くて然り、なのですよ!(笑)

生きていく上でお金儲けは大切な要素には間違いないですが、それが一番の目的となると人生つまらなくなりますから、何が自分の身の丈に合うのか、またはビジネスの在り方についてじっくりと考えないといけませんね。

しばらく 4CREATOR JAPAN の仕事が忙しく、4CREATOR, LLC が事実上活動休止状態でしたから、今年は「新たなウェブサービス」とともに再始動するつもりです(現在、事業計画中)。

それから 4CREATOR JAPAN としても、新たな企画を準備中ですヨ。お楽しみに! (^_^)

最終修正日 2016年03月18日(金)
大島 英人

4CREATOR JAPAN 代表/米国法人 4CREATOR, LLC 代表(Operating Manager)

© 2009 - 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン